婚活と街コンの違いを知ることは真剣に結婚を考える上で重要

20代後半になり本格的に婚活を開始

20代後半になり本格的に婚活を開始 | 街コンは他の真剣な婚活サービスとは違いがある | 婚活をする上で自分に合うサービスを見極めることは重要

20代も後半を過ぎると本当に結婚できるのどうかと言う不安が頭をよぎるようになり、職場やプライベートでもこれといった出会いがないとその不安はますます大きくなっていきます。
さらに、学生時代の同級生や同期の同僚などの結婚報告を聞かされるたびに、このままで私は大丈夫なのだろうかと強く思うようになってきました。
このままではいけないと一念発起し、近年話題になっている婚活に本格的に力を入れようと思い立っていろいろと調べたり、婚活アプリに登録してみたり、最終的には結婚相談所に登録してみたりもしていました。
その中で、街コンにも何度か参加する機会がありましたが、いわゆる真剣な婚活とは違いがあると感じました。
この違いが分からずに結婚がしたいと言う目的で街コンに参加を続けることは、人によっては遠回りになってしまいかねません。
まず、基本的に街コンは自治体などが主催する場合が多く、男女の出会いの場を提供すると言う目的はありますが、参加者それぞれに対するフォローと言うのは決して行き届いたものではないと感じました。

婚活アプリなどでは、自分の希望する条件の相手とのマッチングを行ってくれたり、結婚相談所の場合はより深く現在の自分の状況やどのような相手を希望しているのか、どのような結婚生活を思い描いているのかなどを専任のコーディネーターに相談することができたり、実際にお相手とのデートをセッティングしてもらえたりと、結婚に至るまでの道筋をしっかりと描いてくれるのが特徴です。
街コンとの決定的な違いはその部分にあり、それを機会として男女が出会い、結婚にまで至れば主催者側としても喜ばしいことではあるでしょうし、地域の活性化にもつながると言うことで、様々なイベントや参加者が集まりそうな催しを行うなど工夫をしている部分もあり、実際に参加して楽しいと感じたこともありますし、参加者の人といい感じになった時もありました。

婚活婚活レポジャンルトップ | Ameba公式ジャンル